【お役立ち情報】正しい脚やせの為にむくみを改善

セルライトがむくみを長期間放っておいてしまうことで出てきてしまい、凹凸が表面に現れてしまうこともあります。
脚やせがセルライトが出来てしまうとさらに難しくなるので注意をしましょう。
脚のむくみが出来てしまっている時には、血流やリンパの流れが悪化してしまい、その結果余分な脂肪や老廃物がぎっしりと溜まってしまってしまっている状態なのです。
また、女性ホルモンも大きく関係していることがあり、水分が溜まりやすい状態となっていることもあるのです。
例えば部分痩せというのは、多くの女性が求めているものですが、なかなか自宅では上手に出来ないものです。
そんな部分痩せを実現出来るのがエステであり、理想的な身体を作ることが出来るのです。 足のむくみというのは、脚やせを求めている人、また今現在している人に共通している悩みとなります。
マッサージを実施することで「そういえば、私はむくみやすい体質かも」と思った人は、足やせ効果を期待できます。

 



【お役立ち情報】正しい脚やせの為にむくみを改善ブログ:2017年07月13日

2歳になるムスコは
ちょうど言葉を覚え始めたところで、
その少ない語彙でなんとかしゃべってやろうといつも必死だ。

1週間前のこと。
ムスコが
「おかあさん、きょう、ゆーふぉーみた」と語りだした。

あまりの唐突な話に、
あたくしは高鳴る胸を手で押さえながら
ゆっくりとムスコに問う…

「ゆーふぉーみたの?どこで〜?」

「こうえんで。たんぽぽぐみのゆうすけとーはるきとーさとみせんせいとーみた」

時々語尾を伸ばしては
一生懸命そのときの情景を思い出すように話すムスコは
さらにこう続けた…

「ぐるぐるーって、ぐるぐるーって」

口をすぼめてそう言いながら、
脂肪のたくさんついた小さな手を丸めて円を描いている。

あたくしはさらにムスコに問う。
「ゆーふぉーに誰か乗ってた〜?」

「うん、のってたよ」

「誰が乗ってたのかな〜?」

おそるおそる聞くあたくしに
ムスコは元気いっぱいに答えた。

「おじさん2ひき!」

抱腹絶倒!もうサイコー!
オモシロすぎて少々記憶が飛んだほど…

一日中、お子さんの両親になって幸せだ!!という
この上ない幸福感をあたくしはかみしめていた。

翌日、保育園の先生に衝撃の事実を明かされ、
あたくしの幸福感は至福に変わる。

ムスコが公園で見たモノは、工事現場で働く車や人たち。
「ゆーふぉー」ならぬ「ユンボー」で、
確かに作業員の男性が2人乗っていたそうな…

なんというおかしさ!
ムスコは笑わそうなんて思ってないから、
それがピュアなおかしさを引き出す。

そして、どんでん返しまでおかしかったから感動すらした。
こんなに自然に、
こんなに心から笑うなんて大人になってからあっただろうか。

あたくしがあんまり笑うもんだから
首をかしげていたムスコも楽しくなってきたようで
ケラケラ笑った。

このページの先頭へ戻る